top of page
『還りの森』浅野友理子.jpg

『還(めぐ)りの森』 2021 浅野友理子

漆とロック株式会社

― 漆を通じて、天地(あめつち)を想う。

“漆器”は太古の昔から現代まで、

アジアの人々が繋いできたもの。

日本でも縄文の人たちが、

数千年前から驚くような技で

漆という素材を使いこなし、

暮らしや祈りの道具を生み出してきました。

「木」の優しい音と軽さ、安心する温もり。
「漆」のしっとりした艶、ふっくらした肌。

日々のごはんが美味しく、やさしく整う嬉しさ。

使い込む程に器が育ち、長年使って少し疲れてきたら、

お直ししながら受け継いでいく。やがて天地に戻す時まで。

 

生と死の循環の中に在る、確かさ。

 

それは、

自然に生かされてきた「木の国の民」である

私たちの源にあるもの。

だから私たちは、会津の土地から

漆を通じて山と人の関係を紡ぎ直しています。

漆とロックは、作り手の皆さんと一緒に活動する

「漆の繋ぎ手・伝え手」です。

漆掻き_調整.jpg
s_木地師.jpg
めぐる

「めぐる」は、漆とロック株式会社が企画・運営・販売する、

2015年に会津で誕生した正統的な漆器です。

漆の器が持つ心地よい肌触りや口当たり、
そして抱き上げたくなる
優しいかたちを追求するため、

“触覚のアドバイザー”として、

暗闇のソーシャル・エンターテイメント

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」でアテンドとして活躍する

全盲の方たちに商品開発に加わっていただいています。


禅の修行で使われる器に範を取った

三つ組椀<水平><日月>や

漆のさじ<めぐるの匙>を中心に、

平皿や酒器・折敷・蓋物椀など、

品良くシンプルで使いやすい食器を展開しています。


国産の漆を使い、会津の職人たちが正統な技法で製作。

お直しは産地の若手職人たちのお仕事に。

売上の一部が次の漆の植栽に活用されます。

漆に関わる生態系や自然素材を守り、

漆器のものづくりの裏側を伝えていくために、

“適量・適速生産”を掲げ、

全く新しい予約制共同購入の仕組みを取り入れています。

2015年・2020年グッドデザイン賞、

2015年ウッドデザイン賞を受賞。 
 

公式サイト: http://meguru-urushi.com/

めぐる
あ.png

猪苗代漆林計画
いなわしろ うるしりん けいかく

 

福島県会津地方、猪苗代湖と磐梯山に囲まれた休耕地で、

漆の木の植栽活動を行っています。

漆器や農業に携わる仲間が集い、

国産漆の供給不足と農地の獣害問題という2つの課題を

解決しながら、子どもたちが自然と触れ合い、

多様な担い手が学び育っていく

循環型の漆林づくりを目指しています。

Instagram:@inawashiro_urushi

DSC03032-LrC.jpg

漆とロック株式会社 代表

貝沼 航 プロフィール 

 

1980年福島県福島市生まれ。

学生時代はバンドとインドに明け暮れる。

東京の大学を卒業後、会津若松市に移住。
サラリーマンをしていた20代前半
に、

漆器の工房を訪れたことが転機となる。

そこで見た会津の職人たちの姿に信念に忠実な

「ロックな魂」を感じて心惹かれる。

その光景が忘れられず、25歳の時に

会社を辞めて「漆とロック」を起業。

2011年、震災を期に

これまでの便利な暮らしの脆さを痛感し、

自然のリズムで生きる暮らしのあり方を

取り戻していきたいと考えるようになる。

その中で、縄文時代から日本人が森を育て作ってきた

「漆器」という存在の価値に改めて気付かされるようになる。

数年かけて「漆の器とは何か」を自分の中で

哲学していく時間を作った後、現在の活動を開始する。

 

作り手と使い手を繋ぐ産地ツアーや

国産漆の植栽活動にも取り組んでいる。

2020_17.8_edited.jpg
貝沼茅乃舎.png
漆の物がたり映像

あなたが日々の食事で手にする“うつわ”は、

どこからやって来て、どこへ行くのだろう?

樹木のめぐみからできた器は、

様々な食材と交わりながら、

あなたの身体と心の中へ。

ここに紹介するのは、私たちが作った

全くテイストの違う2種類の映像ですが、

長く巡っていく、うつわとあなたの物語を見つけてください。

Contact

E-mail:info[at]urushirocks.com  

Tel: 0242-85-6803(不在時は代表者の携帯に転送されます)

Address:​〒965-0862 福島県会津若松市本町5-49

​漆とロック株式会社 代表 貝沼(佐原) 

ウルシとトチの花_調整.jpg

本サイト内の挿絵は全て、画家の浅野友理子さんに描き下ろしていただきました。

bottom of page