Copyright (C) Urushi Rocks Inc. All Rights Reserved.

山と、人と、食卓を繋ぐ。

“漆器”は縄文から現代まで、日本人が繋いできた暮らしの智恵。

木の温もりと漆の優しい肌触り。

使い込む程に器が育ち、長年使って少し疲れてきたら、

塗り直しをして次の世代に受け継いでいく。

 

自然と共生してきた「木の国の民」である私たちの基層文化です。


しかし今や、原料である漆の国内生産量は僅か2%。

鉋(かんな)や刷毛(はけ)などの道具を作る工房も国内にそれぞれ2軒ほど。

産業全体の売上は最盛期の約1/7に減少。

漆器を自分で買ったことのない若い人は8割。

これは誰かのせいではなく、みんなの課題。

「早く・安く・便利に」を追求してきた社会の中で

置き忘れてしまった本当の豊かさ。

だから、もう一度、山から食卓までを繋ぎ直したい。

私たちは、400年の伝統を持つ会津漆器を中心に

2013年より漆のガイドツアー「テマヒマうつわ旅」を展開。

2015年、世代を超えて受け継いでいく漆器『めぐる』を販売開始。

同年、グッドデザイン賞とウッドデザイン賞・審査委員長賞を受賞。​

​NPOや市民と連携し会津産漆の再生活動にも取り組んでいます。

漆とロックは、「漆の伝道師(繋ぎ手・伝え手)」として、

作り手の皆さんと一緒に活動しています。

What is Urushi? What is Rock?

漆器の良さは「優しさ」。

滑らかなのにしっとり感のある不思議な肌触りは、
まるで人肌のようです。
そんな器を手に持つと、自然と所作も整うように思います。

 

お勧めはやっぱり「お椀」。
木で作られた器でご飯やお味噌汁をいただくと

心からほっとするのはやっぱり日本人だからでしょうか。

漆器は保温性もあり、いつまでもふっくらほかほか。

見た目も格段に美味しそうに なります。


きちんと作られた漆器はそれなりにお値段もしますが、

お直し(塗り直しや補修)をして次の世代まで

受け渡していくことができます。

よりよく食べることは、よりよく生きること。

人は一生で8万回の食事をします。

そこに寄り添う“いい器”の存在は、感性を育て、

「食べること」を、“点(作業)から線(繋がり)”に

変えてくれるように思います。

漆とロックの“ロック”は、

時代に流されない職人たちの“生き様”のこと。

漆器の作り手たちは、

目先の利益を超えて、先人やルーツを大事にし、

次の世代にまでバトンタッチすることを考えて、

長い時間軸の中で仕事をしています。

このショートムービーは、

そんな本物の漆器づくりの裏側に隠されたロックな魂を伝えるため、

アメリカ・シアトルの映画監督と共に作った映像です。

 

まずはじめに是非ご覧ください。(5分)

Who am I

貝沼 航(Wataru Kainuma)

漆とロック株式会社(Urushi Rocks Inc.) 代表 

 

1980年福島県福島市生まれ。学生時代はバンドとインドに明け暮れる。

東京の大学を卒業後、会津若松市に移住。
サラリーマンをしていた24歳の時に、工芸の工房を訪れたことが転機となる。

そこで見た日本の職人たちの姿に信念に忠実な「ロックな魂」を感じて心惹かれる。

その光景が忘れられず、翌年会社を辞めて起業。

2011年、震災を期にこれまでの便利な暮らしの脆さを痛感し、

自然と共生する暮らしのあり方を取り戻していきたいと考えるようになる。

その中で、縄文時代から日本人が森を育て作ってきた「漆器」という

存在の価値に改めて気付かされるようになる。

数年かけて「漆の器とは何か」を自分の中で哲学していく時間を作った後、

現在の活動を開始する。

漆の森の再生活動に取り組むNPOの副代表も務める。
漆と人を繋ぐコミュニケーター(伝道師)として、全国をまわり

漆器のある暮らしの豊かさについて講演やイベントも行っている。

MEGURU

めぐる

「めぐる」は、漆とロックが長い年月をかけて丁寧に開発し世に出した

新しい漆器ブランドです。漆器本来の良さに立ち返り、

私たちが考える「漆器とは何か」に忠実な、本物の漆器です。

飯椀・汁椀・菜盛り椀がきれいに重なる三つ組の漆器で、

日本人の食の基本、「一汁一菜」のための器です。

暗闇のエンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」で

案内人として活躍する目を使わずに生きる女性たちと

会津の漆器職人のコラボレーションにより、

心地よい肌触りや口当たり、抱きあげたくなる優しいかたちを追求しました。
上塗りを上質な国産漆で仕上げています。
永く使っていただけるよう将来のお直しにも対応します。
親から子へ、そして孫へ。人生のお守りになる器。

いのちが巡るように旅をする器です。
詳細は下記の公式ウェブサイトよりご覧ください。

漆器「めぐる」ストーリームービー(2分)

インクルーシブデザインの器「めぐる」(日本語字幕付き:7分)

TEMATRIP

テマヒマうつわ旅

「テマヒマうつわ旅」はより漆器のことを体感していただくための

産地ガイドツアー。「食卓の源流を巡る旅」をテーマに、

​漆の林から普段入れない工房まで、少人数でディープにご案内します。

「​テマヒマうつわ旅」プロモーションCM(90秒)

HARUNAKA

「NPO法人はるなか・漆部会」は、福島県・会津地域において、

10年に渡り漆の木を育てる活動を市民の力で行っているNPOです。

植栽地は会津若松市や喜多方市の中山間部に3箇所あり、

約1,000本の漆の苗を育てています。

活動メンバーは、幅広い年代の漆器職人や一般市民など約30名。

4月〜12月の休日を利用し、植栽地に集まって土地を開墾し、

漆の苗を植えたり下草を刈ったりする作業をしています。

15年育てた漆の木1本から採れる漆液の量は、僅か牛乳瓶1本分(200ml)ほど。

漆の生産が安定する1万本を目指して、息の長い活動を続けています。

映像:会津での漆の木の植栽活動と未来へ託す思い(90秒)

<はるなか漆部会の詳細はこちら(伝統サポーターズ)>

会津の漆器に新たな歴史を!生産ゼロから再生させたい”漆の木”の植栽

Event 〜Urushi Rocks Live〜

​「うるしはじめ」のイベントしませんか?

漆器の魅力を伝えるためのイベントやお話会を全国で開催しています。

初心者でも分かりやすく漆器を理解できる入門講座から

漆とロックの取り組みの裏側を伝える講演会まで。

 

無償レンタル用の器がありますので、実際に

「めぐる」の器を使ったお食事会の開催も可能です。

​講演のご依頼やご相談は、こちらからメールでお願いします。

Follow on Instagram

  • Black Instagram Icon

@meguru_urushi

  • Black Instagram Icon

@temahima_trip

Follow on Facebook

Mail News

Contact Us

E-mail:info[at]urushirocks.com  

Tel: 0242-85-6803(不在時は代表者の携帯に転送されます)

Address:​〒965-0866 福島県会津若松市新横町4-16-201

​漆とロック株式会社 代表 貝沼 航

Stay Rock. Urushi saves the world.